【ライセンス契約書】

(取り扱いプログラム及び制作・カスタマイズを行わせて頂いたプログラム・ASPサービスの全てに適用されます。甲=お客様、乙=弊社)このソフトウェアをご利用前に、ライセンス契約条項を注意してお読みください。 ウェブスクウェアがオンラインを通じ随時ユーザーに対して発表する諸規定・説明は本規約の一部を構成するものとし、ユーザー(購入者・依頼者)はこれを承諾します。 ご購入の弊社のパッケージソフト・カスタマイズソフト(弊社にて制作のプログラム)全てに適用されます。本ソフトウェアは、本契約書に同意の上で使用されるものとなりますので、ソフトウェアの利用は本契約の条項を承諾したことになります。 ※注文後でも、弊社にて注文をお断りする場合がございます。※販売代理店経由での購入においても、エンドユーザーと販売代理店の間で本規約が適用されるものとする。

第1条【使用の許諾】

本ソフトウェアは使途によりライセンス条件および制限があります。 ライセンス条件を承諾し必要なライセンスを取得された場合のみ、本ソフトウェアの全部または一部の使用権を許諾します。 なお、このソフトウェアは個人・法人・団体を問わず使用することができ、1ライセンスにつき1システムで1つのサイト・用途での運営が許諾されます。複数ライセンスの対象の場合は、ライセンスの購入が必要になります。

弊社のプログラム及び当ライセンス規約に基づく運用において、別途他のライセンス等の購入の必要性がある場合は、ユーザー自身が購入、費用負担するものとする。

パッケージシステム自体を使い、あるいはパッケージシステムに何らかの価値を付し、継続的な対価を得る事を禁止します。弊社のビジネスパートナーであっても同じく禁止します。

通常ライセンス(パッケージ案内サイト提示の販売価格・内容)は、自社で通常ライセンスを保有した上での自社サイトとして自社のみでの運営利用のみ許容され、甲が乙のビジネスパートナー制度等を通じ、第三者(利用者)に対して本ソフトウェアを提供する場合は、甲が第三者に対して本ライセンス規約を周知して同意を得た場合のみ提供できるものとする。それ以外、第三者との共同運営等の場合や第三者に対し運営者の立場としての継続的な費用を徴収する、システムを用いて継続的な対価を得る場合は、通常ライセンスでは提供・利用できません。 その場合は、弊社にて別途規定する契約内容・提供・利用方法でのみ許容されますので、一度ご相談ください。

第2条【著作権】

第3条【保証の否認と制限】

ソフトウェアの使用はライセンスされた者の責任の範囲内で行うものとします。 ソフトウェアは、動作に必要な設定および変更を除き、保証・改造なしにそのままの状態で使用することを前提に提供しています。 当ソフトウェアは、欠陥も含め現状のものを提供します。法律に規定されている範囲内で、如何なる種類の保証、明示的または暗示的に関わらず、商業性や特定の目的への適合性の暗示的な保証を含み一切の保証を否認します。 当社が修正困難または修正不要と判断した不具合等の修正義務を負わないものとします。当社は製品のユーザーサポートを当社が可能な範囲で実施します。但し、当社が販売を終了した場合は、サポートも終了とします。

第4条【料金の支払い】

第5条【返品】

商品の性質上、商品購入後の返品は一切受け付けておりません。
※バージョンアップ等により、一部サンプルと実際の商品で仕様が異なる場合があります。

第6条【本規約の範囲および変更】

第7条【適用条項】

※ 瑕疵とは、「仕様の範囲内である事を前提とし、通常利用するにあたり、最低限確保されていなければいけない品質が欠けていること。欠陥。また、規模や一定以上のトラフィックでの負荷に耐え処理ができるということは保証の範囲外とし瑕疵には該当しない。」のこと。
※ 瑕疵以外の修正や機能の追加においては、かかる費用をユーザーは当社に支払い、別途妥当な開発期間を設定するものとする。
※瑕疵担保期間経過後の修正等は、内容の如何に関わらず、全て追加扱いとなり、当社に修正義務は無く、当社が受注するか否かを含め費用等は当社が判断するものとする。

■納品方法・制作仕様
お客様のサーバーへのアップロードまたはメール添付にて納品。この場合のサーバーへのアップロードは、原則としまして、アップするのみになり、設置や設定は含んでおりません。
[納品内容:プログラム・HTMLファイル一式。]

※利用方法・マニュアルにつきましては、原則としまして、別途ご指定が無い限り、作成・付属していません。マニュアル作成や利用方法のサポートは別途費用が必要になります。
※HTMLとPHPプログラムソースの納品となります。デザインが含まれる場合は、image等の関連ファイルは含みます。
※パッケージシステムをベースにカスタマイズを行っている場合は、受注時に指定・取り決めの無い部分につきましては、弊社からの説明の有無に関わらず、パッケージシステムの機能・内容となります事を、ご理解下さい。

第8条【当社の解除権】

第9条【免責・損害賠償】

損失の可能性の指摘の有無にかかわらず、当社の制作物・ソフトウェアの使用・ASP利用により生じたあらゆる損害(無制限、直接的、間接的および偶然、必然的な損害、営業上の損害またはその他の罰則的な損失を含む)に対して、当社は一切の責任を負いません。如何なる場合でも(瑕疵担保期間中であっても)、当社は一切の責任を負いません。また、如何なる場合でも、納期延長による損害・甲の機能確認や不具合の指摘にかかる時間負担等に対しても、当社は一切の責任を負いません。弊社のプログラム及び当ライセンス規約に基づく運用において、別途他のライセンス等の購入の必要性がある場合は、プログラムの購入の前後に関わらず、ユーザーが該当のライセンス費用を負担するものとする。
従って、ユーザーは、本条に関して、損害賠償請求などに関する訴提起、調停申立などの一切の異議を述べないことに合意する。

当社が本契約に関し、ユーザーに損害賠償責任を負担する場合であっても、その累計総額は、債務不履行、法律上の瑕疵担保責任、不当利得、不法行為、その他請求原因の如何にかかわらず、ユーザーが当社に支払った料金の総額を上限とする。

支払済みのソフト代金の返却は一切受付けておりません。 パッケージ商品であり、バグ等の発生における個別対応・運営方法等のお問合せは一切致しておりません。 弊社都合により、プログラムの取り扱い・販売・改造を中止した場合は、以降のバージョンアップ(アップデート)・対応は致しておりません。 有償設置サポート(設置代行)の場合は、プログラムがデフォルトの場合に限ります。 サーバーがプログラムの動作環境を満たしている場合でも、設定の違いや設定の干渉等による理由で動作しないことがあります。

その他、プログラム及び弊社の改造・制作による場合の免責

各パッケージ製品は原則としてデモサイトと同一の機能で提供し、弊社によるバージョンアップ情報の提供・告知の義務はないものとする。情報を提供する場合は、弊社の指定の方法で提供するものとする。但し、必要に応じ、バージョンアップを行う場合があります。バージョンアップの適用は、ユーザー自身の判断・責任で行い、バージョンアップにより発生する不具合等の如何なる事柄にも弊社は責任を負いません。バージョンアップ時には、基本的には一部ファイル又は差分適用でバージョンアップできない場合があります。 その場合は、全てを再インストール・設置・設定する必要があります。バージョンアップを行うに至った原因が如何なる場合でも、上記のことを了承するものとする。

■弊社は利用者に対して以下に該当する場合の責任を負わないものとする。

■運営上の注意

データを保存・取り扱うファイル・フォルダは、主にtdb・logsフォルダ、create.phpやtool.phpファイル(カスタマイズやご利用の機能等により種類が増減・変わる場合は、増加・変更分のファイルも含む)があります。 各フォルダのアクセス制限やファイルの管理・使用方法につきましては、運営者様の責任・判断にて設定・運営して頂くことになります。 弊社にてサーバーにアップ・設定をさせて頂きました場合でも、同様に運営者様の責任・判断にて設定・運営して頂くことになります。 ※セキュリティ上に関わる事項・設定は、基本的に、運営者様で判断して頂き、設定を行うものとします。 万一、運営者様自身で設定を行わない場合や弊社にてサーバーにアップする場合は、弊社にて設定を行いますが、弊社の設定内容の説明の有無・設定内容を理解している・していないに関わらず、運営者様は弊社の設定を承諾したものとし、弊社による設定により、何らかの損失・不具合等が発生しても、これらに関する責任は一切負いません。運営者様の責任にて運営を行うものとします。

第10条【ASPサービス補足規定】

第11条【反社会的勢力の排除】

第12条【当契約の効力】

本契約条項に違反してソフトウェアを使用したり配布した場合は、弊社および作者に賠償し、クレームや訴訟から弊社や作者に被害を与えず、これを保護することに同意したものとします。
これには、本契約書に違反してソフトウェアを使用したり配布したことによる賠償請求における弁護士の費用を含みます。 本契約書は、著作権と登録商標を管理する国の法律に関係する部分を除き、日本国の法律によって解釈されこれに従うものとします。
本契約書は、口頭、書面またはその他の通信手段により交わされたこの契約条項の内容についての提案や、事前の合意に代わる、完全で包括的なものとします。

[効力発生について]
本約款は、本約款の締結の日より有効となるものとする。
付則 この契約約款は平成17年1月15日から実施します。
平成17年1月10日 制定
平成22年6月1日 変更
平成23年11月6日 変更
平成25年5月21日 変更
平成28年4月11日 変更